ゼルダを遊んで棚が出来ました

ジャスト1ヶ月に及ぶ 仕事→ゼルダ→寝る という狂ったハイラルサイクルにそろそろケリを着けるべくブログを更新する。以下、ゼルダでクラフトしまくってる最中に思いついた適当DIYの記録である

最近木材をカットしてもらうことを覚えたので、また何ぞDIYしてぇ状態であった。そんな中、調味料まみれの台所を解決できるかも…と思いつき、適当に採寸。ホムセンへ赴く途中の喫茶店で雑な図面をひいた

▲クソ見てぇな図面である

うちの近場のホムセンには1×4の約3600mmが安価で売られている。こんなの遊んでくれって言ってるようなもんである。購入後にカット場のおじさんに指定した寸法で切ってもらった。完璧な仕上がりだったが、取り付けるプラケットの余白を自分が勘違いしていたため、このあと手作業で木材をカットする羽目になる…

▲寸法の揃った木材は嬉しい

テキトーな工作とは言っても棚の角度を合わせて美しくはしたかったので、適当な型紙を作り、概ね同じになるように鉛筆で下書き線をつけた。また別の機会に購入していた彫刻刀を使いたかったので棚の厚みに合わせて溝を彫ったのだが…これは果てしなく面倒だったので2度とやらない。似たようなことをするなら別の手段を考えた方がいいな

▲まあ面倒だったが棚がすこっとハマったのは至福の瞬間

末端にプラケットを取り付けて設置してみると寸法バッチリ! ボトルを実際に並べてみても問題なさげであったが、想定より上が空いてしまった感。と、ここで1枚余分に切ってもらった300mmの板で水平棚の追加を思いつく。計画にない雑な追加は適当工作のよいところ

▲天井にぶつかるのをビビって棚を下寄せ過ぎた

かくして、そこそこの調味料&酒が縦に並ぶボトルマンションが完成したのであった。実際使ってみると思った以上に便利でなかなか良き。マジの思いつきで始めてみたが今回の適当DIYは大成功となった。これを見たお前も挑戦してみてくれよな!

▲自画自賛